Studio Improve @ 中央林間 Blog

神奈川県大和市中央林間のダンススタジオ&レンタルスペース「スタジオ インプルーブ」からのお知らせとオーナーHARIMAのつぶやき。

Talk

スウェットパンツとかに出来る毛玉がなんかイヤだ

こんにちは。
中央林間周辺で美味しい焼肉屋さんを知っていたら是非教えてほしいSTUDIO IMPROVEオーナーのHARIMAです。

今日は、レッスンでよく穿いているとあるパンツの裾の部分にだけ毛玉がよく出来るので、ちょっと気になって調べてみました(^^)

 
 
 

毛玉が出来る原因

毛玉

スウェットパンツやパーカーやTシャツなんかにもときどき出来る毛玉ですが、簡単に言えばこの原因は摩擦だそうです。
スウェットなんかを強く擦ると生地の表面が毛羽立ち、その毛羽立ち同士が絡まることで毛玉が出来るらしいです。

そういえばパンツの裾はハイカットのスニーカーに触れています。
これが擦られて毛玉が出来てしまっていたんですね。。

 
 
 

毛玉が出来やすい素材と出来にくい素材

足元

でも何故、特定のパンツにだけ毛玉がよく出来るのだ?
と思ってさらに調べてみたところ、ポリエステル素材のトレーニングパンツなどは、コットン100%のスウェットパンツなんかと比べると毛玉が出来やすい性質にあるそうです。

なので、毛玉の発生がとにかく嫌!ダサいし!!
という方は、コットン100%素材のスウェットやTシャツを選ぶほうが良いかもしれません。

ただし、あくまでコットン100%素材のほうが毛玉が出来にくい、というだけで絶対にできないわけではないというのがまた、面倒なんですよね。

ダンサーの場合、スニーカーや着替えや音源を持ち歩くためリュックを利用している人が多いかと思いますが、そのリュックの紐とTシャツが擦れてコットン100%なのにTシャツに毛玉が出来てしまった、ということが、じつは僕の実体験でもあるのですよ( 一一)

 
 
 

洗濯ネットを活用しましょう!

洗濯ネット

摩擦というのはダンスレッスンや移動時などの着ているときだけでなく、洗濯をするときにも発生します。
そのため毛玉が出来てほしくないスウェットやTシャツは、洗濯ネットを使用すると良いらしいです。
また洗濯ネットは縮みの防止にも役立ちますので便利です。
お気に入りのTシャツが縮んじゃうと悲しいですからねw

それと、これは毛玉ではなく縮み防止情報になるのですが、洗濯の脱水時間を短くすると、縮みも起こり難いそうです。
僕もTシャツの脱水時間は1分に設定していますが、Tシャツはスウェットパンツなんかと比べると生地が薄いので、これでも十分に乾きます。

 
 
 

毛玉を取る方法

毛玉取り

まあ、そうは言っても出来てしまうのが毛玉ですし、出来てしまったら取るしかありません。
そこで僕も利用している一番のおすすめが、画像のような毛玉取り器です。

原理としては髭剃りなんかと同じで、毛玉が出来てしまった表面をブイーンとこれで撫でると、それだけで綺麗になるんです。
これ、結構気持ちいいんですよね。ちょっとうるさいですけどw

そのほか、台所用スポンジのザラザラしているほうや、紙やすりや、T字カミソリで撫でる、という方法もありますし、サランラップのギザギザでも取れる、なんていう方法もあるそうですので、興味のある人はお試しあれ!

 
 
 

ということで今回は毛玉に関するマメ知識的なお話でした。
たまにはこんなのもいいかなって思いましてw

 
 
 

STUDIO IMPROVEのヒップホップレッスンは

毎週金曜の21時からは僕HARIMAが、
毎週土曜の20時からはイケメンSHU

行っております。

よろしくお願いします(^^

-Talk
-, , , , , , , , , , , , , ,